陰山建設

LANDLOG 先行パートナー説明会

2018.04.06

2月20日、コマツ、NTTドコモ、SAP、オプティムの4社からなる合弁会社、株式会社ランドログが建設生産プロセス全体をつなぐIoTプラットフォーム「LANDLOG」の先行ユーザー向けパートナー説明会を開催し、パートナー制度についての説明、その後、現在ランドログが協業している9社のパートナー(企業・自治体)の中、Atos株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、株式会社MonotaRO、損害保険ジャパン日本興亜株式会社、弊社の5社が事例発表を行い、弊社は「Building more」建設アプリについて説明しました。
施工中の状況について、安全面を優先する建築現場では、どうしてもブラックボックスになってしまい、お客様になかなか伝えることができない現状を解決するため、弊社は「情報」という観点から建設業を捉えなおし、プロセスを再設計する「Construction Process Reengineering(CPR)」をかかげ、IoTを活用した「Building more」建設アプリの開発を進めています。
ランドログとの協業においては、弊社は実証実験のフィールドの提供、あるいは現場ノウハウのフィードバックを行い、一方、ランドログは最新のクラウドサービスやIoTデバイスを提供するというような相互協力の関係を築いています。

TVCM放映中

TV-CM「ずっと住みたくなるふるさとを目指して」