陰山建設

西日本豪雨の被災地・岡山県倉敷市真備町へ

2018.08.11

この度発生した「西日本豪雨」により被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

テレビ・新聞など報道で連日取り上げられていますが、平成30年7月に発生した西日本豪雨で大きな被害を受けた熊本県倉敷市真備町を訪れ、8月7日から10日の4日間、復旧作業に協力しました。弊社社長から呼びかけし社員7名で支援チームを結成、2tトラック2台、乗用車1台で、移動距離約920km、移動時間は14時間かけ現地入りしました。弊社が7年前に除染作業用に開発した汚水回収機能を備える「高圧吸引型洗浄機」を使用し、除染作業で培った技術を生かしてコンビニエンスストア2店舗の駐車場に流れ込んだ大量の土砂を回収撤去しました。

洗浄作業は、東日本大震災や原発事故からの復興支援に対する恩返しの気持ちから、浸水した店舗が早く通常の業務を再開出来るように少しでもお役に立てればとボランティアで行いました。

今回の応援派遣は地元メディアでも取り上げられ、地元ニュースに今回の活動が紹介されました。

 

 

 

 

TVCM放映中

TV-CM「ずっと住みたくなるふるさとを目指して」