陰山建設

陰山建設(株)並びに亀谷建設(株)の資本提携について

2016.09.23

陰山建設株式会社(福島県郡山市、代表取締役 陰山正弘)は平成28年9月に亀谷建設株式会社(福島県福島市、代表取締役 亀谷典良)の全ての株式を取得し、完全子会社化したことをお知らせいたします。

陰山建設は昭和36年、亀谷建設は昭和26年に創業し、それぞれの地域の中で半世紀以上の歴史を積み上げてまいりました。
両者は福島県を中心とした地元建設会社であり、福島県有資格者(平成27・28年度)においてAランクの技術力企業評価を得ております。
(建築工事:総合点 陰山建設 1603【県中地区1位】 亀谷建設 1260【県北地区10位】)
また、両社ともに私募債(受託:東邦銀行様)を発行しており財務面におきましてもこれまで健全な経営を行ってまいりました。
しかし、現在の社会・経済・技術環境の変化はめまぐるしく、地域社会に良質で安全・安心な社会資本の提供をするためには、両社が資本提携し、「技術力」と「財務」の強化を実現することにより、より以上の信頼を得られると判断しました。
グループ企業として今後のビジネスに対する受注の機会の可能性も高まり、お客様の希望に沿った価値ある資産創りの実現、企業価値の向上も果たせるものと判断し、資本提携合意を決断しました。
平成28年10月より両社が新たな体制によりスタートすることをご報告いたしますと共に、今後ともご指導賜りますよう、宜しくお願い致します。IMG_0617-2

TVCM放映中

TV-CM「ずっと住みたくなるふるさとを目指して」