陰山建設

当社は自社の太陽光発電所を建設しました

建設の目的

東日本大震災を受け、原発に変わる再生可能エネルギーを目に見える形で示し、 復興の一つの象徴にしたいという想いから建設いたしました。合わせて、 災害時に備えた12キロワット分の蓄電池や、本社屋根に55キロワットの太陽光を設置致しました。 この発電所を「モデルパワープラント」と位置付け、再生可能エネルギーへの理解、普及を図っていきます。

名称 陰山建設株式会社太陽光発電所
建設場所 福島県須賀川市仁井田字大谷地
敷地面積 6,912,720m²
年間予想発電量 530,000kWh
最大出力 499kW
太陽光電池モジュール 3,120枚
設計・施工 陰山建設株式会社
運用開始 平成25年4月25日
売電先 東北電力
  • 陰山建設株式会社太陽光発電所 全景
  • 陰山建設株式会社太陽光発電所 
  • 陰山建設株式会社 看板

太陽光発電施工実績

施主名 川合運輸(株)
建設場所 福島県矢吹町
最大出力 48kw
モジュール 300枚
運用開始 平成25年3月29日
売電先 東北電力
川合運輸(株) 太陽光発電
施主名 (株)郡山塗装
建設場所 福島県郡山市
最大出力 28.8kw
モジュール 180枚
運用開始 平成25年4月18日
売電先 東北電力
(株)郡山塗装 太陽光発電
施主名 陰山建設(株)
建設場所 当社
最大出力 46kw
モジュール 288枚
運用開始 平成25年9月24日
売電先 東北電力
陰山建設(株) 太陽光発電