全国災害復興支援

社会貢献活動

関東・東北豪雨(茨城県常総市)復興支援活動

平成27年9月に関東・東北豪雨によって鬼怒川の堤防が決壊し茨城県常総市は大きな被害を受けました。浸水した床上・床下浸水は約11,000棟となり甚大な被害が生じました。東日本大震災時の全国からのご支援に対する恩送りの気持ちから、堤防決壊から3日後には現状調査の為に現地入りし、浸水がひけたと同時に作業員10名と共に現地入りし、除染作業で培ったノウハウを用いて「高圧吸引型洗浄機」を使用した洗浄清掃を常総市役所等にて2日間実施しました。福島県からの除染技術を使用したボランティア活動を行っていることを聞きつけた高杉常総市長は多忙にも関わらず、自らの目で視察したうえで「福島からの応援、本当にありがとうございます。」とお礼の言葉を述べていただきました。

駐車場洗浄中
ボランティア参加者

熊本地震復興支援活動

東日本大震災後、被災され仮設住宅での生活を余儀なくされている高齢者の方々に、少しでも明るい新年を迎えて欲しいとの想いから、震災翌年から5年間継続して、福島県内の仮設住宅にある「応急仮設住宅地域高齢者等サポート拠点」全てに県内の職人が製作した門松を寄贈しております。 「平成28年熊本地震」により被災され、大変な思いをされている熊本の方々にも、少しでもお正月を感じてもらえる様、熊本県庁(本館・新館)、熊本城城彩苑、熊本県立劇場に門松を寄贈しました。福島県からの思いを伝えたく、被災県から被災県へ、福島県産の材料を使用し、福島県の職人によって製作し、福島県の運送会社のトラックで熊本県へ運搬しました。また、応急仮設住宅に併設するみんなの家にも福島県内で製造した「にんじんジュース(郡山ブランド野菜)」を寄贈しました。全て福島県内の企業で行う「オールふくしま」にこだわりました。

熊本県庁
嘉島町役場(みんなの家)

西日本豪雨(岡山県)復興支援活動

平成30年7月に発生した西日本豪雨で大きな被害を受けた熊本県倉敷市真備町を訪れ、8月7日から10日の4日間、復旧作業に協力しました。弊社社長から呼びかけし社員10名で支援チームを結成、2tトラック2台、乗用車1台で、移動距離約920km、移動時間は14時間かけ現地入りしました。弊社が7年前に除染作業用に開発した汚水回収機能を備える「高圧吸引型洗浄機」を使用し、除染作業で培った技術を生かして、ファミリーマート2店舗の駐車場に流れ込んだ大量の土砂を回収撤去しました。 洗浄作業は、東日本大震災や原発事故からの復興支援に対する恩送りの気持ちから、浸水した店舗が早く通常の業務を再開出来るように少しでもお役に立てればとボランティアで行いました。今回の応援派遣は地元メディアでも取り上げられ、地元ニュースに今回の活動が紹介されました。

ファミリーマート真備店駐車場 高圧吸引洗浄中
真備支所
ページトップ