表彰・寄付

社会貢献活動

第9回「日本でいちばん大切んしたい会社」大賞 

【審査委員会特別賞】受賞

 

これまで「地域社会に貢献し、従業員と協力企業を大切にする企業」を理念とし、その実現に向けて様々な活動を行ってまいりました。

今般その取組みが認められ、「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞において「審査委員会特別賞」を受賞いたしました。

 

 

2019年3月22日、東京都の法政大学市ヶ谷キャンパスにて表彰式が行われ、弊社社長はじめ、箭内執行役員副社長、北相談役ほか2名が出席しました。

 

 

 

「日本でいちばん大切にしたい会社」大賞は、「人を大切にする経営学会」会長の坂本光司氏が平成22年度より主催されており、従業員とその家族、顧客、地域社会を大切している会社を表彰するもので、経済産業省および厚生労働省、中小企業庁、中小企業基盤整備機構が後援しています。

今回、全国から過去最多となる100社の応募の中から厳正な審査の結果、20の企業・団体が表彰され、弊社は「審査委員会特別賞」を受賞いたしました。会場には約600名が参加し、各社代表が審査委員より表彰を受けました。

 

 

弊社は、東日本大震災で全国の方々から頂いたご支援への「恩返し・恩送り」の想いから、茨城県の鬼怒川決壊時や熊本地震、西日本豪雨等の大規模災害時には積極的に復興ボランティアを行い、また福島県内においても、8年継続して仮設住宅への門松の寄贈や、毎年1,200名を超える方々にご協力を頂いている国内最大規模「隂山建設(株)愛の献血運動」を37年間継続しています。さらに、従業員とその家族に対しては「隂山建設(株)育英会」を創設し、社員の万が一の際の遺族への学費援助を約束しています。

 

全国建設業協会平成28年度 『建設業社会貢献活動功労者表彰』受賞

災害復旧支援活動部門で、平成27年9月の関東・東北の豪雨によって鬼怒川の堤防が決壊した際、甚大な被害を受けた茨城県常総市役所のボランティア活動が評価されました。

東京都経団連会館にて
 

 

23.3.11あの日を忘れないコイン運動

協力会社と共に震災を風化させずに復興に取り組むため、
「平成23年」「平成3年」「平成11年」のコインを中心とした募金活動を平成25年より継続して行っています。
集まった募金は、『東日本大震災ふくしまこども寄付金』(平成25年度)
『豪雨による土砂災害で被害を受けた広島県への義援金』(平成25年度)
『熊本地震義援金』(平成28年度)

『西日本豪雨義援金』(平成30年度)などに寄付しています。

ページトップ