INTERVIEW社員インタビュー

私たちの仕事は衣食住の住を担ってる。建物はそれを使う方たちの将来を繋ぐもの。

工事部 部長 1991年4月 入社

渡邉 弘 (46歳)

仕事の内容を教えてください

現場での施工管理が主な仕事です。
施工管理は多岐にわたりますが、施工計画の作成、安全管理、品質管理、工程管理などがあります。
事前に工種毎の使用材料、施工手順、工程、安全の計画を立て、職人さんが安全に作業できる環境の計画・実行、設計通りの工事がされているかの確認、工期内に工事が完成するようにスケジュール管理・調整を行います。
建物は、さまざまな職種の職人さんの手によって造り上げられています。
安全でスムーズに品質の良い工事をして頂けるよう段取り・調整等をすることが「施工管理」の仕事です。

仕事の「魅力」と「やりがい」は?

仕事の一番の魅力は、自分が携わった建物が残るという事です。
それぞれの建物にその時、工夫したこと苦労したことなど思い入れがあります。日々の仕事の中でも近くを通ったりするとその時のことが思い出されますし、家族にもこの建物を造ったんだよと言えるところが良いです。
仕事では、苦労する事が多々ありますが、それでも、施主様に喜んでいただければ、苦労もどこかへ飛んでしまいます。
そんなところにとてもやりがいを感じます。

入社の動機を教えてください

実家が建設業という事もあり、将来を考えて工業高校の建築科へ進みました。
建設業と一口にいっても幅広い分野があり、当時は自分がどこに進むのか、方向性が定まっていない中、ご縁があって入社したのですが、人生の半分以上の勤続年数になったことを思い返すと、私にとっては、大変な良縁だったなと感じます。

今後の目標

入社から早28年が過ぎ、たくさんのお客様の建物に携わってきました。
これからもお客様に喜ばれる建物を造り続けていきたいと思います。
また、建設業もIT化が進められているので、時代に取り残されないよう、知識を身に着けて行きたいと思います。

休日の過ごし方と趣味

休日は何故か早起きです。今日は何をしようかと色々考えてしまうのですが、結局、特別なことはせずに録りためたテレビ録画を観たり家族と過ごすことが多いです。
昔からの趣味で熱帯魚を飼っています。今はちゃんと世話が出来なくて、水槽が汚く、しかも、熱帯魚とドジョウが同じ水槽にいるという状態になってます。
後は、車の運転も好きです。
でもドライブする時間があまりないので、洗車が趣味になってます。

学生へのメッセージをお願いします

どんな建物も沢山の人の手によって造られていると思うと単純に凄いことだと思います。
私たちの仕事は、職人さんのように自ら物を作ることは出来ませんが、工事全体の舵取りを行い、安全、工期、品質を守り、お客様が望むものを提供するために欠かせない仕事です。
工事部門、住宅部門、設計部門、営業部門、総務部門と活躍の場はきっとあります。

ページトップ